スポーツでも少年野球とはいえスカウト事情があります

日本のスポーツの武道

日本のスポーツといえば、武道でしょう。武道と呼ばれる日本のものは、空手に柔道に合気道、居合道、剣道、杖道、古武道といった、様々なものがあります。中には忍術といったものもあり、日本の文化を伝えるスポーツでもあります。

そんな日本のスポーツである武道ですが、共通して言えるのが礼儀と作法でしょう。武道というのは、すべての物に置いて言えるのが、「礼に始まり礼で終わる」という言葉です。そう、礼儀作法はとても重要な所作でもあるのです。武道の良さというのは、体の軸を立てるということから始まります。軸を真っすぐにすることで、体の重心が下へ真っすぐに落ちるからです。そうなれば、技を繰り出す際にバランスよく出せるのです。

武道経験を積んでいくと、次第に備わっていくのが凛とした姿勢です。自分の体の軸立を気にしているので、それが体に身に付いていくからです。次第に姿勢も良くなり、その人がそこにいるだけで、なんだか凛とした姿に見えるのです。ゆえに、武道は人を美しく見せるスポーツでもあります。