スポーツでも少年野球とはいえスカウト事情があります

スポーツの効果について考える

健康保持のためにはスポーツして体を動かすことが必要になりました。自動車の発明はこれほど便利なものはないと言っていいくらい人々が移動することに対して労力削減と時間の短縮と言う同時のメリットを人類に与えました。自動車が発明される以前はどこへ行くにも歩くかもしくは馬に乗る等の手段しかありませんでした。

自動車の発明が燃料さえあれば何処へでも短時間で行けると言う世界中の人類に画期的な移動手段を与えたのです。買い物、旅行、通勤、車は何にでも使えて便利です。一方、車の利用に頼り歩く事が極端に少なくなったことが運動不足を生み出す要因になっているようです。歩くことが減ったのは事実です。これが生活習慣病の発生につながったと断定はできませんが大いに関係しています。

一方、スポーツは本来体を動かすことにより、心身がリフレッシュしそう快感を味わうことが出来るのです。スポーツは仲間を作って一緒にやればひとりでやるより楽しく連帯感が生まれます。更に体力の向上、ストレスの発散をすることができます。これがひいては運動不足により引き起こされる生活習慣病の予防につながります。