スポーツでも少年野球とはいえスカウト事情があります

スポーツの中の短距離走の種類

スポーツの中で速さにて優越を付ける短距離走というものがあります。短距離走とは、短い距離を走る競技の事を言います。その競技には基本道具を使うといったことはしませんが、スタート時のポーズはクラウチングスタートと決められています。複数の人が同時に走りますが、決められたレーンを走る事になっています。その短距離走ですが、走る距離の長さは複数あります。その中で、公式で定められた距離と、非公式での距離がありますが、両方紹介いたします。

まず、非公式での距離ですが一番短く50メートル競走があります。他には、60メートル競走、300メートル競走があります。非公式ということで、大きな大会などでは確かに見かける事は無く、50メートル競走などは学校の体育で経験した事があると思います。公式での距離ですが、100メートル競走や200メートル競走、一番長くて400メートル競走があります。これらはオリンピックや国際大会などでよく目にする距離であり、単純に走る速さを競う競技としては花形と言えます。