スポーツでも少年野球とはいえスカウト事情があります

スポーツマンのやるトレーニング

スポーツマンが体を鍛えるためにやるトレーニングといえば、有酸素運動と無酸素運動です。体を鍛えるためにはこれらの運動をする必要があります。どんなスポーツをするのか、ということによってやることが違うのですが、有酸素運動とは体力をつけるものであり、無酸素運動とは筋肉をつけるものです。有酸素運動で代表的なのはランニングや水泳です。無酸素運動で代表的なのはダンベル運動やスクワットなどです。

基本的には筋肉をつける必要があるスポーツとそうでもない場合にわけることができます。筋肉というのは、爆発的なエネルギーを出すことができるのですが、とにかく重いのです。ですから、必ずしも筋肉があればよい、というわけでもないのです。素早さが求められているスポーツでは適度な筋肉でよいことがあります。そのあたりのバランスを取ることもスポーツマンには必要になります。一般人はそこまで気にすることはないのですが、プロともなると専属トレーナーと話し合ってトレーニングの割合を決めたりしています。

比べてお得!