スポーツでも少年野球とはいえスカウト事情があります

スポーツを教える人について

スポーツを教えるインストラクターという職業があります。プロに教える人もいますし、素人に教えることもあります。プロに教えるというとプロより上手いのか、と考える人がいますが、別に教えることが上手いだけであってプロよりは下手であることが多いです。もちろん、大抵は素人より遥かに上、プロより下、という実力の人です。トレーニング内容を考えたりするわけです。これは人によって内容を変える必要があります。

人によって内容を変える、ということがとても大事なことになります。少し身体を鍛えたいと思っている人とプロを目指している人とではトレーニングの内容がまったく違うからです。トレーナーというのは、臨機応変に内容を変えていくことに長けており、無理はさせないようにしているわけです。そのあたりがトレーナーの腕の見せ所なのです。効率の良いトレーニングをさせることによって自分の評価が上がるわけです。ある意味では結果を残してこそ、実力が評価される厳しい世界です。