スポーツでも少年野球とはいえスカウト事情があります

スポーツマンシップというものは

スポーツというものは、基本的には勝つことが最も重視されることではありますが、場合によっては負けても評価が上がることがあります。それがスポーツマンシップです。要するに美しい精神性を認めているのです。ルールを守り、紳士的な行動をすることが何より評価されるのです。勝ったとしても汚い手を使った場合、あまり評価されないことがあります。

言うまでもありませんが、汚い手といってもルールの範囲内です。そうでないと反則になるからです。しかし、ルールの範囲内であってもあまり好ましい手ではないことが往々にしてあるのです。そうしたことで勝っても世間的には評価があまりよくないのです。スポーツマンシップというのは、あくまで正々堂々とやることであり、その精神こそが世界のどんな国でも美しいものであると評価されているわけです。これはとてもよいことであり、だからこそねスポーツマンには健全な精神が宿る、と信じられているわけです。