スポーツでも少年野球とはいえスカウト事情があります

間違ったスポーツトレーニングとは

スポーツをやるには、正しいトレーニング方法をやることが重要です。間違ったトレーニング方法を実践してしまうと、体を鍛えているようでも、競技によっては運動パフォーマンスが低下してしまい、成果があがらないからです。昔だと、野球では「うさぎ跳び」というトレーニングがありました。ベースを何周も回ることによって、足腰が強くなると言われていたからです。腕を腰の後ろに組んで、完全にしゃがんだ状態から、前方に飛ぶことによって「うさぎ跳び」ができますが、これは間違ったトレーニング方法になります。それは膝を痛めてしまうからです。

スポーツ競技にとって、ケガは一番やってはいけないことなのですが、こういった間違ったトレーニング方法を実践する事によって、ケガを助長させているということで、今では禁止になりました。その他にも体が大きくなってくることによって、筋力トレーニングをして、筋力を上げたりしますが、これもスポーツでは、やり方を間違ってしまうとパフォーマンス低下を起こします。それは安易な筋力トレーニングは、筋肉を硬くしてしまい、ケガをしやすい体を作ってしまいます。トレーニング頻度や、やり方、順番などを専門家に指導してもらうことと、ストレッチなどの柔軟もやっておくことです。