スポーツでも少年野球とはいえスカウト事情があります

コンタクトスポーツにおける膝の障害

健康のために運動やスポーツをやっていると、様々なケガをすることがあります。特に激しいぶつかり合いのあるコンタクトスポーツでは、ラグビーやサッカー、バスケットボールなども相手とのぶつかり合いによって、体を痛めてしまうことが多い競技といえます。人間の体には関節があり、関節部分というのは鍛えることが出来ない為に、痛めることが多くなる個所になります。大きな関節でいえば、膝の関節がありますが、膝などもスポーツによって、痛めてしまうことが多いのです。膝には靭帯がいくつか存在していて、前十字靱帯と後十字靭帯があります。これは膝を前後に動かさないようにする靭帯ですが、ケガをしてしまうと膝の痛みによって動けなくなります。

スポーツではサッカーのタックルやラグビーのタックルなどをされることで、突然関節部に負担がかかった時に痛めやすいのと、急なターンなどもあると、膝がねじられてしまい靭帯部を痛めてしまいます。関節部分は鍛えることができませんが、その周りについている筋肉を鍛えていくことによって、靱帯部分の負担を減らすことが出来るので、下半身の筋肉をトレーニングによって鍛えることはとても重要といえます。スポーツ障害防止のために鍛えておくことは必要です。

比べてお得!