スポーツでも少年野球とはいえスカウト事情があります

季節によって変わるスポーツにおけるウォーミングアップ

ウォーミングアップというのは、スポーツをする時には必ずやっておくべきことです。いきなり競技を始めてしまうと、筋肉や靱帯を痛めてしまう原因になり、疲労も残りやすいといえます。ウォーミングアップには、ウォーキングやランニング、ストレッチなどありますが、ゆっくりと体を動かすことによって、徐々に体温を上げることが出来るので、負担をかけずに体を動かすことが出来ます。体温が上がってくることによって、柔軟性も上がってくるので、ランニング後のストレッチというのは理にかなっているのです。あまりウォーミングアップをしないでスポーツを始めるよりは、ケガの他にも競技をやるにも動きやすくなるのです。

心肺機能も高まることでもウォーミングアップは重要で、心臓にいきなりの負担をかけてしまうと、血圧などの関係でも、体によくないですが、ゆっくりと心肺機能を高めていくことで、血管の負担も少なくなります。そして季節や気温によっても、ランニングやストレッチなどの時間も、変えていくことがいいです。寒い時には入念なランニングで、体をゆっくりと温めると動きやすくなりますし、体が温まらない場合には時間を延ばしてでも、ウォーミングアップをするべきです。