スポーツでも少年野球とはいえスカウト事情があります

強度の低いスポーツで健康増進

日本では、肥満や高血圧、糖尿病などの生活習慣病では、ガンや脳卒中や心臓病という病気へと発展させて、健康を害する要因となっています。日常生活で、気をつけなくてはいけない事には、食生活の改善と運動習慣が必要になっています。特に運動というのは、様々な体の状態について、体力の向上や、血流改善による健康増進、そして高齢化している社会において気になる、脳機能の低下を予防する事も出来るので、スポーツや運動を通じて、体を動かしていくことがいいのです。スポーツでは高齢者が出場する事が出来る大会などもあり、ボーリングなども健康増進にもいいものです。

自分の好きなスポーツや競技であれば、なんでもいいですが、ウォーキングやランニングなどの気軽な運動でも、もちろん健康増進は見込まれます。仲間とやる競技では、ゲートボールや北海道発のスポーツであるパークゴルフなども、高齢者が気軽にできるスポーツになり、仲間と気分転換にできることから、健康生活にはとても良い競技といえます。定期的な健康診断でも、こういった精神的に気分転換出来る生活が、豊かな人生には必要なので、男性でも女性でも運動強度の少ないスポーツをやっていた方が良いのです。