スポーツでも少年野球とはいえスカウト事情があります

スポーツストレッチで予防医学を意識する

病気に対してどのようにとらえて治療をしていくのかは、個人の判断もおおいに関係あります。糖尿病を患ってしまっても、生活習慣を改善する事によって、健康生活を意識するようにすると、リスクが低くなってきます。そして予防医学を学ぶことによって、更に健康に対する意識が高くなってきます。健康増進のための体操では、朝のラジオ体操がありますが、自分でできる体操にもストレッチというものがあります。ストレッチは、スポーツの現場ではウォーミングアップやクーリングダウンに使われる方法ですが、スポーツをやらなくても、自宅で畳一枚ある部屋で、筋肉を伸ばしたりしてストレッチをすると健康増進になります。

筋肉はそのまま放っておくとどうなるかというと、萎縮しだして筋力の低下や固くなってくることによって、関節の動きに制限がかかってきます。体が固くなるということは、動きにくい状態になってくるので、慢性的な腰痛や、肩こりをおこしてきます。少しでも柔軟な体を維持するには、ストレッチなどをやることで解消する事が出来ますが、できればウォーキングなどスポーツをすることによって効果が高くなります。筋肉は年齢が高くても使うことによって、向上する事が出来ますし、使うことが予防医学に繋がってくるといえます。

比べてお得!