スポーツでも少年野球とはいえスカウト事情があります

ウォーキングというスポーツは精神的にもいいです

持久性のスポーツではウォーキングがありますが、大切なのは長く続けることになります。長く続けるコツには、まずはゆっくりと疲れない程度のペースを守って、歩くことになります。昔は体力に自信があったからといって、ウォーキングからランニングに切り替えて走り出す人がいますが、久しぶりのスポーツをするには、なるべくならば軽い運動から始める方が無難です。それは心肺機能と関係していて、心臓に負担がかかってしまうと、筋力は問題ないですが息苦しくなってきて、疲労感が強く出てしまいます。そうなると、次回運動をやる時にも、その辛かったことを思い出すので、スポーツをするのも億劫になってしまいます。

そうならないように、ゆっくりとペースを守ってウォーキングを30分から始めて、1時間歩くことを目標にするといいです。そして歩くコースなども、近くに公園や緑があるような場所があれば、気持ちよくウォーキングできますので、精神的にもスッキリするのです。足腰の筋力維持のためや心肺機能だけではなく、精神的なことも関係しています。こういったことから高齢者の中でも、ウォーキングをして健康作りに励んでいる人が多くいますので、健康寿命が延びてきているといえます。