スポーツでも少年野球とはいえスカウト事情があります

体幹を鍛えるスポーツトレーニング

スポーツトレーニングの中には、筋力を上げたり持久力と高めたりして、体力をつけるという目的を持って、トレーニングに励むことがあります。その他にも体の体幹を鍛えることによって、バランストレーニングというものがあり、スポーツ選手や一般の高齢者まで、これらのバランス能力を養うことによって、運動パフォーマンスを上げたり、日常生活を円滑にすることができます。体幹トレーニングの中心部分が胴体になるのですが、ここが鍛えられて安定するほど、様々な動きがスムーズに行われるようになります。主にわかりやすい部分で言うと、腹筋が挙げられます。

腹筋というのは、仰向けに寝て膝を立てた状態から、上体起こしをすることによって鍛えられるのが一般的な腹筋運動で、クランチと呼ばれます。このやり方は腹筋の中でも、腹直筋というお腹の中心をなす筋肉であり、大きな力を発揮する箇所でもあります。もちろん鍛えることは良いのですが、その腹直筋を補助して働いている筋肉では、大腰筋という筋肉があり、上体起こしを補助して、下半身と胴体部分と繋いでいる筋肉があるのです。大腰筋は深いところにある筋肉ということから、インナーマッスルと呼ばれています。

比べてお得!