スポーツでも少年野球とはいえスカウト事情があります

捻る動作で体幹を鍛えるスポーツトレーニングの実践

体幹トレーニングには、腹筋を中心とした胴体を鍛えることになります。腹筋には腹直筋という、真っ直ぐにお腹についている筋肉と、腹斜筋という斜め方向に入っている筋肉があります。腹斜筋では、体を捻ったりする時に働く筋肉ですが、腹直筋と一緒に働くことによって、補助的な役割も果たしています。人間は高齢化してくると、どうしても体が硬くなり、筋肉の影響から骨や関節の動きまで制限してしまうので、日常生活が送りにくくなってきます。体を捻る動作でも、まさにこういった関節の動きが出来なくなることによって、あまり日常生活でもやらなくなってしまいます。

捻る動作をやらなくなると、腹筋や腹斜筋の動きも少なくなるので、腰の負担が大きくなり、慢性の腰痛をおこしてしまいます。ちょっとした腰痛であれば、ゆっくりとストレッチをする時に、胴体部分を捻る動作をすることによって解消する事もあり、体の柔軟性はとても必要なものなのです。体幹トレーニングでは、これらの腹筋の働きを正常にさせることによって、生活の中でも痛みを取ったり、動きやすくなったりする事が目的になるのです。スポーツ選手では、複雑な運動パフォーマンスを見せるためには、体幹が鍛えられていないと動作がやりづらくなります。