スポーツでも少年野球とはいえスカウト事情があります

苦手なスポーツが好きになる方法。

小学生の頃はスポーツが好きで、男の子に混じってよくドッジボールやキックベースなどをやっていました。クラブ活動はテニスクラブ、そしてもともと短距離が早かったことからも、走り幅跳びやハードルの市の大会に参加したりもしていました。それが、中学生で部活動を吹奏楽に選んだことがきっかけでだんだんスポーツが苦手という意識に変わっていきました。

おそらく、練習をすれば運動部の人たちにひけをとらないくらいできる自信はありましたが、普段から身体を動かしている人たちに比べればどうしても、「ヘタ」になってしまい、それがいつの間にか苦手意識を生んでしまっていたようです。それが高校、大学、そして社会人にまでつづきましたが、今はスポーツをたのしむというゆとりができてきた気がします。スポーツはどこか競うものという意識が根底にあったのでしょう。そういうことから解放されれば、スポーツでいい汗をかく以上に気持ちのよいことはありません。