スポーツでも少年野球とはいえスカウト事情があります

私がこれまでやってきたスポーツ

小学校の時は四年生になると強制的にソフトボール部に入部となりました。友達と一緒に練習するので特になんとも思わずにやっていました。しかしスポーツが得意ではなかったので、中学校に進学したときは吹奏楽部に入部しました。

吹奏楽部に入部したものの、校内のマラソン大会で上位に入賞したのをきっかけに、駅伝をやることになりました。もちろん吹奏楽部との掛け持ちです。走るだけであれば上手いとか下手とかはあまり関係ないので、あとは長距離を走るための根性だけがあればなんとかなりました。ものすごく苦しいですが、我慢して走っていると言う状況に自己満足的な感覚があったのだと思います。

高校に入ってからは陸上部に入ったのですが、特に駅伝というものはなくやるとすれば長距離走です。でもその頃には中学3年間の駅伝に疲れ果てていたので、中距離をちょこっとやった後は投擲に変更しました。陸上はほとんど個人での競技なので、全てが自分の責任です。ほかの人に迷惑をかけない競技というのが私にとてもあっていると実感しました。