スポーツでも少年野球とはいえスカウト事情があります

スポーツは子どもを大きく育ててくれる

スポーツは子どもを大きく、また健やかに育ててくれます。学校の体育の授業だけでは決して学べないたくさんのことをスポーツは子どもに与えてくれます。ゆとり教育の弊害として運動会などで勝ち負けを決めないや順位を付けないなどおかしな平等主義が蔓延しました。それは誰もが違和感を感じました。違和感を感じた一つの理由として、やはり勝敗や順位などで誰もが何かを学んだことがあるからではないでしょうか。例えば努力の成果が出た喜び、逆に努力の甲斐なく敗れ悔し涙を流したり、誰かの必死の頑張りに感動したり、スポーツは勝敗があるからこそ厳しさや悔しさ、喜びや感動をより一層引き立ててくれるのです。

子どもは何でも吸収し、そしてとても多感です。子どもが小さい頃からスポーツに慣れ親しむことはとても大切です。親や学校からでは決して学べない多くのことを、子どもはスポーツを通して自ら主体的に学び取っていくのです。子どもにはたくさんのスポーツを経験させてあげることは、子どもの健全な成長に大きな影響を与えます。子どもと一緒にスポーツを楽しみましょう。

比べてお得!