スポーツでも少年野球とはいえスカウト事情があります

スポーツで鍛える部位というのは

スポーツでは基本的に身体を鍛えることになります。技術も大事ではありますが、筋肉もかなり重要です。筋肉があればよい、というだけではないのですが、あったほうがよいものです。もちろん、過ぎたるは及ばざるが如しというものであり、筋肉は重いですから鍛える量もよくよく考える必要があります。

スポーツによって鍛える部位を考える必要があります。必ずしも腕の筋肉が必要である、というわけではないのです。但し、例外はいくらでもあります。足腰はどんなスポーツにも大事です。筋肉とは若干違いますが、柔軟性はどんなスポーツでも鍛えておいたほうが良いことです。鍛える方法としては有酸素運動、無酸素運動というものがあります。有酸素運動が体力作り、無酸素運動が筋肉作りなります。どちらの鍛錬が必要か、ということは人によって違いますし、当然のことですがスポーツによってもまるで違いますから、しっかりと考える必要があります。効率よく鍛えることが大事なのです。